忍者ブログ
  • 2017.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/07/27 09:49 】 |
<宅建業の基礎・定義1>基礎力一問一答
この記事は、
メルマガ「宅建合格の秘訣~苦手分野は捨てるべし!!」
       ~てっとり早く合格しよう~  を転載しています。

>>宅建合格フルセット~宅建合格には苦手分野は捨てるべし~






===============================
 ◇「宅建合格の秘訣~苦手分野は捨てるべし!!」
       ~てっとり早く合格しよう~
                     2008年6月22日 No.
  ☆バックナンバーは下記URLから。
   http://watatani.net/neo/bn.php?mag_id=1
===============================

こんばんは、wataです。

今日は【リクエストの日】です。

1936(昭和11)年、ベルリンのドイツ放送で、
ラジオのリクエスト番組が始まりました。

生演奏番組の放送中にリスナーから、希望する曲目を演奏して欲しいと
電話があったのがきっかけで始められたもので、その後リクエスト番組は
大ヒットしたそうです。


………………………………………………………………………………

はい、宅建合格仕事人の悠々です(^_^)
本試験から1週間たちましたね。

早速今回より、平成23年度宅建試験に合格に向けて
改めて基礎力のチェックを行っていきたいと思います。



最初の科目は最重要科目である【宅建業法】です。

今後の対策としても、やっぱり基礎力の充実が一番重要です。
これなくして、問題演習をくり返し行っても、限界がありますよ。

では、いつものように、しばらくは、1問1答で
気楽にチャレンジしていきましょう!

今日はウォーミングアップも兼ねて1問です!


<宅建業の基礎・定義1>


(1)
現況が山林の土地であれば、たとえ別荘地として購入しても
「宅地」には含まれない。








(答)
現況が何であれ、宅地にする予定での取引は宅建業法の「宅地」となる。



………………………………………………………………………………
これからしばらくは
月・火・木・金・土→→→「基礎力一問一答」
水→→→ 悠々先生の過去問題解説
日→→→ 一問一答とクイズ問題

というメニューでお送りしていきます!

どうぞお楽しみに(^_^)

………………………………………………………………………………



====================================================================
☆発 行:office-oto(オフィス 音) http://office-oto.com/oto.html
 発行責任者:代表 綿谷 玲  Mail info@office-oto.com
★著者 Life-Shine 宅建講師 悠々
  http://www.life-shine.net/youyou/
●購読解除はこちらから
 http://watatani.net/neo/d.php?1_3ykpok9owdyuaki896pb
▼オフィシャル ブログ
 15歳、宅建に挑戦!」 http://takken-harusame.office-oto.com/
             Copyright(C)office-oto Ltd.2008
====================================================================

宅建合格には苦手分野は捨てるべし!



過去問で効率的に突破する!「宅建試験」勉強法 (DO BOOKS)
PR
【2010/10/25 21:34 】 | 宅建合格には苦手分野は捨てるべし | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<<宅建業の基礎・定義2~3>基礎力一問一答 | ホーム | 【宅建本試験振り返り号3】~宅建業法編~>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>